女性用の印鑑

春になると、これから大学生活や就職で一人暮らしを始めるなど、新生活を送る方も多いかと思います。この新生活を送り始める時に、意外と活躍の機会が多いのが印鑑です。

例えば、宅急便がきたときに押すハンコ、新しく通帳を作った銀行で必要となる銀行印、引っ越しの際には市役所に行って、住民票など書類に押す印鑑や、印鑑登録もするかもしれません。

自分だけの印鑑の必要性を感じる時期でもあります。

シャチハタが一つあると便利なのですが、印鑑は一生付き合っていくものでもあるので、この機会にお気に入りの印鑑を揃えるのもよいかと思います。

今回、女性用のオシャレな印鑑を色々調べてみました。

探していると、今は本当にいろんな印鑑があります。

色はもちろん様々ですが、柄も花柄やラインストーン付き、和柄、ラメ入り、キティちゃんなどのキャラクター物まで見ていて飽きません。個人的にはスワロフスキーが特にお気に入りです。

本格的にいいものを探すのであれば、象牙や黒水牛、水晶など、素材にこだわるのもいいと思います。

実印を作る時には、一生物ということで耐久性が重要視されて、象牙や水牛が人気だそうです。また、黒水牛は、漆黒の色が秘密を守るという意味を持ち買われる方も多いようです。

また、琥珀は人魚の涙、太陽の石といわれるように、宝石のような美しさを持ち女性におすすめです。

まずは印鑑屋さんで色々見ると、お気に入りの一つを見つけられるかもしれません。

独身の女性が印鑑を作るときに悩むのは彫る文字をどうするかということが一番大きいかもしれません。というのは苗字を入れて彫ってもらうと、いつか結婚したときに苗字が変わってしまって使えなくなるんじゃないかと心配だからです。
そんなときははじめから苗字は入れずに下の名前だけで印鑑を作ることをおすすめします。実印も銀行印も実は苗字を入れる必要がないのです。「花子」というふうに下の名前だけで彫られた印鑑も実印や銀行印として登録することができます。迷っている方は下の名前で作ってみてはいかがでしょうか?

上手なはんこの押し方が分かりません。

いつもはんこは苦手です。40才にもなると、過去にいろいろな契約の場面ではんこを押す場面に出くわします。はんこを押す時はいつでも緊張して、うまく押そうと思えば思うほど失敗してしまいます。印面をできるだけ垂直に紙に押し当てて、1秒、2秒、そして欠ける場所が無いようグリグリッとやるのですがなかなか思うように綺麗に陰影がつきません。銀行員や不動産屋などはやはり上手です。私のように力ずくで押し付けなくても、とても見事な陰影を付けることができます。それが彼らの仕事とはいえ、正直羨ましいです。

しかし、押すのは下手くそでも、はんこ屋さんで様々なはんこを見るのは楽しいものです。いろんな形、色のものがあり、どれもピカピカに光っています。そして素材です。一般的なものは柘(つげ)やあかねなどの木材や、象牙印鑑、黒水牛などが有名ですが、メノウ、水晶、ヒスイなど宝石で作られるハンコもあります。これらは開運、厄除けなど、風水的な意味合いで家に置いておくケースが多いようです。また、それらのはんこを入れるケースも面白いものがあります。牛、トカゲ、ヘビ、ワニなどの革でできたカバーが多いようです。

いずれにしても、自分の生き方を決める場面で登場するはんこ、一つくらいは恥ずかしくないものを持っておきたいものです。

放課後学習

市や県によっては学校が終わった後の活動にそれぞれ特色がありますよね。ある市では無料で保険料だけ年間数百円支払うことで放課後の活動に生徒が参加できます。そこでは宿題をしたり、生徒と指導者で遊びをしたりします。そればかりでなく、習字を習ったり、囲碁を教えてもらったりとさまざまです。学校では日頃は科目ごとのカリキュラムを時間内にこなすことで精一杯ですが、必須科目以外に普段出来ない活動を放課後体験できるので子供にとってもとても魅力的な時間だと思います。違う学年が揃う放課後学級こそ本来の意味での小学校なのかもしれません。特に兄弟や姉妹のいない子供にとっては他学年とのふれあいはきっと大きな意味を持つと思います。そういったサービスが地域ごとで違ったり、また利用する条件が異なるため、これからどこに住むか決める迷っている方にとって、こういった教育の環境を基準にしてみるのも良いかもしれません。教育に力を入れている地域は保護者にとってとても魅力的ですよね。同じサービスを無料で受けられるのなら経済的にもとても魅力的に思います。地域ごとにどこに力を注いでいるか、市のホームページや近所のママさんたちの情報を予め収集しておくと学校選びの基準のひとつになります。

浦和レッズのサポーター

Jリーグの浦和レッズのサポーターはなんであんなに熱いんだろう?遠くのアウェイ戦でもものすごいかずの応援団がやってくる。初めて見る人にとってはちょっと驚異的かもしれない。Jリーグを生で見たことない方にはよくわからないかもしれないけど、ほんとに凄いんてす。

キーレスエントリー

今では車のキーレスなど当たり前だがちょっと古めの車のキーレスエントリーはコツがいった。今時は電波式で離れたところからでもピピッと反応してくれたり、スマートキーとかだと持ってるだけでよかったりと便利だが、以前乗っていた車のキーは赤外線式で車内のセンサー目掛けて押してやらないと反応してくれなかった。これがなかなかうまくいかないこともある。センサーがルームミラー辺りにあるのだが、自分はルームミラーをあとづけで大きなものに変えていたのでそれが邪魔してイマイチ反応が悪い。ちょっと離れたところからキーを押しまくるが反応せず、結局ガラス越しでやっと開いたりとか。まあそれでもボタンを押すだけで解錠できるのは本当に便利だ。赤ん坊を乗せているときはそれが顕著に表れる。運転席から出て後部座席に向かい、赤ん坊を降ろして鍵を掛けるにはやっぱりキーレスは必須アイテムだ。もしキーレスじゃなかったら赤ん坊を抱いたまま運転席側へ戻り片手で赤ん坊を支えたまま鍵をかけなければいけない。いやーほんと開発者には感謝です。

WordPress Themes